ホンダ n-boxおすすめグレード2

新型n-box

 

最新のn-boxの値引き相場をご存知ですか?

 

 

 

「もっと安くしてくれませんか?」なんてことを言うだけでは弱すぎます。
正しい交渉術がないと、定価に近い価格で購入することに・・・・。

 

ポイントをしっかり押さえたn-box値引き交渉方法を覚えて下さい。

 

 

 

 

n-boxメニュー

 

 

 

 

 

 

ホンダn-boxの全グレード

n-boxグレード 駆動 車両本体価格
Gホンダセンシング 2WD/4WD 138万円〜151万円
G・Lホンダセンシング 149万円〜162万円

 

 

 

ホンダn-boxカスタムの全グレード

n-boxグレード 駆動 車両本体価格
カスタムG・L ホンダセンシング  2WD/4WD 169万円〜182万円
カスタムG・Lターボ ホンダセンシング  189万円〜202万円
カスタムG EX ホンダセンシング  175万円〜188万円
カスタムG EXターボ ホンダセンシング  194万円〜208万円
カスタムG スロープL ホンダセンシング    188万円〜200万円
   
     
   
 

2WD/4WD

 

 
   
 

2WD/4WD

 

 
   

 

 

 

 

 

 

 

n-boxのおすすめグレードは?

 

 

サイト管理人がおすすめするグレード・・・

 

それは、GLホンダセンシングです!!


 

おすすめする理由は?

ターボはプラス20万円、スーパースライドシートのEXは+10万円の価格差があるために、基準とすべきはこのグレード。

 

ただし、サイド&カーテンエアバッグがなく、ターボにすると運転席側パワースライドドアも備わるので、必要な装備を含めて考えると上位グレードを選んでも割高に思えないかも知れません。

 

ハンズフリースライドドアなど魅力的な販売店オプションが多いので最初は安めで考えた方が失敗しないと思う。

 

 

 

 

ノーマルモデルとターボモデル どちらがお得?

 

 

あと、ノーマルモデルとターボモデルのメリットとデメリットを挙げていきます。

 

 

ノーマルモデルのメリット
  • 燃費が良いのでGSスタンドへ給油する手間の減少
  • ターボモデルよりも室内がかなり静か。
  • ガソリン消費量が少ないので二酸化炭素排出量も少ない
  • 価格重視でみるとノーマルモデルの方がお得

 

 

ノーマルモデルのデメリット
  • パワーが無いので、4人乗車が多い方はパワー不足を感じると思う

 

 

 

ターボモデルのメリット
  • ノーマルモデルよりも加速力がある
  • 3人・4人乗り乗車の多い方はパワーのあるターボモデルの方がよい

 

 

ターボモデルのデメリット
  • ノーマルモデルよりも燃費が悪い
  • シンプルに高い

 

 

 

 

n-box価格
モデル JCモード燃費 車体価格
G・L ホンダセンシング

27.0km

149万円

G・Lターボ ホンダセンシング

25.6km

169万円

 

 

同クラス・同グレードのノーマルモデルとターボモデルの価格差は約20万円あります。

 

また、ノーマルモデルよりもターボモデルの方がリセールバリューが高い点も考慮しなければなりません。

 

エコカー減税のこともあわせてると実際の差額は10万円程度ということになります。

 

燃費的にはあたりまえですが、ノーマルモデルの方がすこぶる優秀です。

 

 

 

では、差額の10万円を燃料代で元をとろうとするどれくらい走行する必要があるのか?


 

 

 

1キロ走行した時の燃料費
  • ガソリンモデル 7.0円
  • ターボモデル:8.23円

 

 

10万キロ走行時の燃料費

 

ガソリンモデル:70万円
ターボモデル:82万円

 

差額:12万円

 

よって、燃料費で元をとるためには最低でも12万キロ以上走行しなければならないという計算になります。

 

 

 

 

 

結論

 

値段だけで考えるとノーマルモデルがお得です。

 

あと、加速力・パワーも欲しい方は必然的にターボモデルがおすすめです。


 

 

 

実際にはどちらが売れているのか?

 

クルマ雑誌のベストカーの新車販売台数一覧にn-boxの販売台数が載っています。

 

 

【2018年5月】

 

約3割の方がターボ付きのモデルを選んでいます。